公益財団法人 亀岡市環境事業公社
0771-23-1213
0771-23-1213

お知らせ

 令和4年6月17日(金)に亀岡市立西別院小学校でダンボールコンポスト教室を開催しました。
コロナ禍で環境学習を自粛していましたが、約3年ぶりに西別院小学校で開催することが出来ました。例年、西別院小学校で取り組んでおられる環境学習の一つである「ダンボールコンポスト」作りを14名の子ども達と共に行いました。
 ごみを減らす様々な方法がある中で、学校菜園を活用した食べ物のリサイクルを学べるように、先生方と協力しながら実施しました。6月20日(月)から実際に、食べ物ごみを利用した肥料作りが始まり、コンポストを活用されています。

 

 
*上記の写真の使用については亀岡市立西別院小学校の許可を得ています。

 埋立てごみの中には、割れたガラスや包丁なども入っています。これらの危険な排出物には、排出される方や作業員の安全確保の観点から、ビニールシートやガムテープで危険部位を包み、指定ごみ袋に「危険」と表示しておくことがごみ出しルールとして「亀岡市のごみの分け方・出し方」にも記載されています。
 危険な排出物について、当法人のフェイスブックでも広報を行いましたが、集積場には鋭く尖った先端が袋から飛び出ていたり、割れたガラスコップなどがそのまま袋に入れられて排出されているのが現状です。
 皆様が安全に集積場を利用できるよう、また、収集作業員への危険性が軽減されるよう、正しいごみの出し方にご理解とご協力をお願いいたします。

 ※割れたガラスコップが食料・飲料用ビン回収用のコンテナに入れられていることがあります。ガラスコップは埋立てごみです。ビニールシートなどに包み、黄色い指定袋に入れて埋立てごみの収集日に排出してください。

 リンク:亀岡市のごみの分け方・出し方 P4
■粗大ごみの回収申込み又はごみの出し方などに関する問い合わせ先
 公益財団法人 亀岡市環境事業公社(TEL:0771-27-3393)
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分から午後5時まで

 
      

 これまでの粗大ごみは、平日に電話で回収を申し込み、市内の取扱店で粗大ごみの品目に応じた料金シールを購入する必要がありました。
 
 令和4年7月1日(金)から、パソコンやスマートフォンで24時間いつでも粗大ごみ回収のオンライン申し込みができるようになりました。ぜひご利用してください。オンライン申し込みでは、処理手数料のクレジット決済や粗大ごみの写真添付が可能になり、5品目までが申し込み対象です。なお、従来通り電話でも引き続きお申し込みいただけます。   
 
粗大ごみの出し方の詳細はこちら(リンク先:亀岡市役所ホームページ)

 亀岡市粗大ごみ回収申し込みフォーム(外部リンク)
※申し込む粗大ごみが6品目以上ある場合は電話で申し込んでください。

■粗大ごみ回収の申込み又はその他の問い合わせ
 公益財団法人亀岡市環境事業公社 桜塚事務所(東別院町小泉)TEL:0771-27-3393
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分~午後5時00分

 令和4年6月28日(火)にポイ捨てごみ撲滅キャラバン隊が千歳町自治会~平ノ沢池と千歳町自治会~亀岡市育苗センターまでの美化活動を2班に分かれて行いました。 
 亀岡市千歳町には島根県出雲大社の分院や七谷川があり、縁結びや桜の名所としても有名で毎年多くの観光客が訪れる場所でもあり、ポイ捨てごみはほとんど見当たりませんでした。しかし、少し離れた主要道路では側溝にごみが溜まっており、水が汚れていました。
 きれいな町を維持していくためには、一人ひとりの普段の心掛けが大切です。
「誰も見ていないから」・「自分一人くらい」という安易な気持ちは慎み、ポイ捨てはやめましょう。
 清掃活動や不法投棄(ポイ捨て)をさせない啓発活動とともに、今後も亀岡市域の環境美化活動を守るため、ポイ捨てごみ撲滅キャラバン隊の活動は続きます。
 ・分類調査結果はこちら(PDFファイル)

  

 

 日本では、環境省の主唱により、平成3年度から6月の1ヶ月間を「環境月間」とし、全国各地において広く環境保全についての関心と理解を深めるとともに、様々な行事が行われています。
「環境月間」に合わせ、亀岡駅南口ロータリーで亀岡市環境先進都市推進部環境政策課と共に、啓発旗を掲げました。
 今年度は、認知度及び環境問題への更なる意識向上を目的に、各種メディアやSNSを通じた情報発信等の新たな取り組みも行われていく予定です。
 亀岡市環境事業公社では、6月の「環境月間」を「不法投棄撲滅強化月間」「水環境保全強化月間」と定め、美しく豊かな水と緑あふれる自然環境を守り、環境にやさしい安全なまちづくりのため不法投棄の撲滅、水環境保全の大切さを市民のみなさまに理解していただけるよう様々な啓発活動を実施していきます。

【主な啓発活動内容】
 ・水環境の保全に関する啓発等の文書のポスティング活動
  (対象:公社担当区域のし尿くみとり顧客登録世帯)
 ・水環境の保全に関する啓発ステッカーをし尿収集車に掲出
 ・不法投棄等監視ステッカーをごみ収集車、し尿収集車に掲出
 ・亀岡駅ロータリーでの啓発旗の設置
 ・ポイ捨てごみ撲滅キャラバン隊による清掃活動(不法投棄パトロール含む)

 

 

 

 私たちが収集業務を行う亀岡市内の各集積場や、し尿汲み取り作業を行うご家庭の敷地内では、毎年蜂の巣が見つかります。蜂は、雨風や直射日光の影響を受けにくい場所や閉鎖された空間を好み、巣をつくります。集積場や住宅敷地内は、蜂が好む場所が多く、集じん箱を開けた際に蜂が飛び出し、作業員が負傷することもありました。このような状況は、ごみを出される方にも同様の危険が生じます。
 今の時期は、冬を越した女王蜂が単独で巣を作る場所を探し、単体で行動していることから攻撃性が低く、駆除に適した時期といわれています。巣の駆除は、早期発見・早期駆除に尽きます。特にスズメバチは、威嚇性・攻撃性が高く、大変危険です。作業員が収集現場で危険と判断した場合は、安全確保の為、作業を中断・中止することがあります。その場合は、駆除後の作業となりますので予めご了承ください。
 皆様の安全のためにも、住宅周辺や集積場の安全確保をお願いいたします。
※巣がある場所によって駆除責任者が異なります。また、スズメバチ等の巣の駆除を個人で行うのは大変危険です。専門業者への依頼をおすすめします。

■粗大ごみ回収の申込み又はその他の問い合わせ
 公益財団法人亀岡市環境事業公社 桜塚事務所(東別院町小泉)TEL:0771-27-3393
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分~正午、午後1時~5時

■し尿くみとりの申込み又はその他の問い合わせ
 公益財団法人亀岡市環境事業公社 若宮事務所(大井町並河)TEL:0771-23-1213
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分~正午、午後1時~5時

 令和4年5月19日(木)、犬飼川(大井町並河)の美化清掃活動中にゴルフバッグやゴルフクラブ数本が投棄されているのを発見し、亀岡市の担当課に報告いたしました。
 投棄現場周辺は、以前から不法投棄が多発している場所で何度も報告を行っています。特にこれからの季節は、道路沿いの雑草が伸び、投棄されると道路からは発見されにくくなります。また、日が沈むと辺りは暗闇となるため、不法投棄の増加が懸念されます。

 

 今回投棄されていた物の処分方法は、
 ①ゴルフバッグ(キャディーバッグ)は、粗大ごみとして申込みをするかエコトピア亀岡に搬入してください。(料金シールは、400円分です)
 ②ゴルフクラブ(1本)は、粗大ごみとして申込みをするかエコトピア亀岡に搬入してください。(料金シールは、200円分です)
不要となった物の処理は、責任を持って正しい方法で行いましょう。万が一、不法投棄を目撃したら、専用ダイヤルが設けられています。亀岡市内の情報は、京都府南丹保健所(TEL:0120-530-993)へ通報をお願いします。通報時には、できるだけ多くの情報をお伝えください。

<粗大ごみの申込み又は問い合わせ先>
(公財)亀岡市環境事業公社(亀岡市東別院町小泉桜塚)TEL:0771-27-3393

 令和4年4月16日(土)に東別院町への地域貢献活動の一環として、各施設に通じる主要道路の清掃活動が亀岡市環境先進都市推進部 資源循環推進課の主催で行われました。
 いねむりパーキングエリアではタイヤやテレビなどの粗大ごみが不法投棄されていました。前回、10月に行われた際にも大型ごみの不法投棄がありました。
不法投棄が行われやすい場所は、車が停めやすく人通りが少ないところや交通量が多い場所でした。ポイ捨てごみ撲滅キャラバン隊の活動においても、同様の場所に不法投棄が多い傾向にあります。
 限りある資源を有効に使っていく時代の中で、仕分けを行っていても資源となるごみが不法投棄で汚れてしまい、再活用ができない状態になっています。
 当法人でも粗大ごみの受付・回収を行っていますのでお気軽にお電話ください。

■粗大ごみの回収申込み又はごみの出し方に関する問い合わせ先
 公益財団法人亀岡市環境事業公社(TEL:0771-27-3393)
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分~正午、午後1時~5時

 
 

 令和4年4月2日(土)、アル・プラザ亀岡店駐車場で開催された春の全国交通安全運動スタート式「交通安全レインボーパトロール」に当法人の収集車両2台が参加しました。
 たくさんのギャラリーに見送られ、出発の合図とともにアル・プラザ亀岡店駐車場から亀岡警察署まで啓発パトロールを行いました。

□春の全国交通安全運動
<運動期間> 令和4年4月6日(水)~4月15日(金)
<スローガン> あげた手に 笑顔で止まる 京の春

 亀岡市環境事業公社では、日常生活のなかで決められた速度や交通ルールを守り、安全走行(セーフティードライブ)に努める参加型交通安全プロジェクト、かめおか「セーフティードライブ」プロジェクトにも参加しています。亀岡市内一円をたくさんの収集車が走行することから、皆様の模範となるよう今後も全職員で安全な交通行動に取り組み、無事故・無違反に努めます。

■粗大ごみの回収申込み又はごみの出し方に関する問い合わせ先
 公益財団法人亀岡市環境事業公社(TEL:0771-27-3393)
 [受付]月曜日~金曜日(祝日、年末年始は除く)午前8時30分~正午、午後1時~5時

 

 この度、京都府警察本部長及び自動車安全運転センター理事長の連名で優秀安全運転事業所表彰「金賞」を受賞しました。
 この表彰は、自動車安全運転センターが実施する優秀安全運転事業所表彰制度で、運転記録証明書の分析結果から1年間の交通違反や交通事故件数に応じて「金賞・銀賞・銅賞」の基準に該当した事業所が表彰されます。令和2年度には「銀賞」を受賞しており、2年連続、更に銀賞から金賞にランクアップして受賞となりました。全職員が公私において交通法規を遵守し、安全運転が行われていることが証明されています。
 令和4年4月6日(水)からは、春の全国交通安全運動が実施されます。亀岡市の「セーフティーカー(決められた速度や交通ルールを守り走行する車両)」として交通安全に貢献し、優秀安全運転事業所表彰制度の中で最上級の「プラチナ賞」の受賞を目指し、安全運転で収集運搬業務に努めます。